いろんな部位の脱毛方法紹介

いろんな部位の脱毛方法

ちぐびの毛の脱毛方法は?

脱毛,方法

 

ちぐびは、家庭用脱毛器が使用可能です。家庭用でもレーザー照射が進化しているので、自宅でも出来るようになっています。そこでお勧めなのが、本格的な脱毛と美顔が1台で出来るケノンです。脱毛サロンのように全ての毛をなくす事は難しいですが、7割から8割ぐらいの毛は脱毛が出来ます。

 

値段は1回購入すればサロンに通うよりは安くなるので、お得です。次にお勧めな脱毛の仕方は、ブラジリアンワックスで行う方法です。ワックスを塗ってその上からテープを貼って一気に剥がしていく方法で、効果はかなりあります。

 

肌に優しく、毛を抜いた時と同じようにツルツルな肌になる事が出来ます。剥がす時に緊張しますが、ちくびの毛くらいなら問題なく行えます。手軽さで選ぶなら、ブラジリアンワックスはお勧めです。ブラジリアンワックスは女性が使用するイメージですが、男性でももちろん使えます。

 

他にはカミソリや電気シェーバーで行う方法があり、それらを使えば毛抜きでムダ毛を抜く時に生じる毛穴の負担よりは小さな負担でちくびのムダ毛処理が行えます。必ずカミソリで剃る時には、肌が傷付かないようにローションや石鹸を塗ってから行いましょう。

 

角質を傷付けてしまうと、肌荒れになるので注意が必要です。他にも除毛剤や除毛クリームを使用する方法がありますが、ちぐびは他の皮膚よりも敏感なので炎症を起こしやすいので気を付けて使用する必要があります。

手の甲の脱毛の料金と期間

脱毛,方法

 

手の甲をクリニックで脱毛する時の料金は3.4万円が相場で、5.6回通います。サロンでは12回通いますが、1回の値段が安いのでトータルすると3万円程度でクリニックと同じくらいです。3.4万円は相場なので、クリニックでは1万円代の所もあったり、サロンよりも安く出来る場合もあります。

 

期間は基本的には1年半から2年程度で終了します。通い始めて3回くらいは3ヶ月おきに通い、4回目以降は5ヶ月・6ヶ月と間隔を空けていきます。脱毛効果が現れるようになってくると、期間を短くして通っても生えている毛が少ないので無駄になって5.6回では終わらなくなります。

 

最低限の回数で終わらせるためには、きちんと間隔を空けて通う事が大切です。手の甲の毛になると産毛の場合が多いので、光やレーザーの脱毛では効果が出ない場合があります。その場合はニードル脱毛がお勧めで、ニードル脱毛は毛穴に針を刺して電気を流して毛根は破壊して抜いていく方法です。

 

この方法なら産毛でも処理が確実に出来るので、ニードル脱毛を行っているクリニックで脱毛をするのが良いです。しかし1本1本抜いていくので時間がかなりかかるので、料金が高いのがデメリットです。

手足のセットの脱毛でお得になる

脱毛,方法

 

膝と肘は薄着になる季節には見られやすい部位になるので、自己処理がしやすい部位です。自己処理がしやすいとなると、肌へのダメージを受けやすくなります。

 

ムダ毛に気づいた時には処理を行わないといけなくなるので、レーザー脱毛ならムダ毛を処理する手間が省けます。肘は両脇と同じように、袖のない服を着ると気になる部位です。このため、常にムダ毛を処理している状態をキープする必要があります。

 

膝は女性なら季節を問わずにストッキングを着用するので、その際ムダ毛が気になる人もいます。この肘と膝をまとめて出来るセットコースがあるサロンがあり、通常の料金と比べるとかなりお得になっています。しかも2か所を1日で同時に出来るので、施術期間が短く出来ます。

 

1.5から2ヶ月に1回のペースで施術出来るので、約半年で完了します。1回の施術時間は、1度に2か所行うのでサロンによって異なりますが、約1時間40分で終わります。コースも色々あり、好きな回数を選べて、サロンによっては無制限を設けている所もあります。

 

全身脱毛を行わないで、気になる所だけ脱毛をしたい人や脇脱毛が終わった人にお勧めです。

アリシアクリニック西新宿店舗【新宿西口院】!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでアリシアクリニックの詳細をチェックしてみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ